足袋は大切

梅雨に入り蒸し暑くなってきた。

太っている者にとっては、つらい季節・・

少し前までは、暑くなれば足袋もはかずに素足で

過ごす事が多かったが、年齢とともに素足だと

足がだるくジンジンするようになってきた

画像


普段は、夏以外はこの「よきもの倶楽部」の

底が黒い足袋をはいているのだが・・・

やはり・・・夏は暑い・・・むれそう・・・

画像


そこで昨年から暑い時には、この井登美の麻の足袋を

はくようになった・・・むれる事はなくなった・・・

ただ・・・底が白なので、毎日お風呂で洗うのが・・

すこし・・・めんどくさい



洗うのがめんどくさいからと、ナイロンの足袋靴下を

試してみたが・・・私にはダメ!すべる・・・のだ。

家は土間、それに常に車に乗るので、

すべる・・・という事は、大敵なのだ。

特に・・・この年齢になれば・・・



以前、車に乗っている時に、おまわりさんに

「草履で運転はあぶないですよ」と

「違反になるんですか?」と私

「違反ではないですけど・・・もしも事故があったら

草履だと、かなり不利な要素になりますよ」

と、おまわりさんに言われていた・・・


だから・・・足袋はすべらないもの・・・

これが私の第一条件になる。

これから先・・・年々足袋は、私を守ってくれる

大切な物になっていきそうだ・・・




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック